Archives

医療機関の勧め

Permalink

アートメイクは、医療機関で行う施術です。何故なら、医師免許を持った人が行う事が出来る施術方法だからです。皮膚に針を刺して行うという危険な行為となるため、必ず医師免許が必要になるので注意しましょう。

エステサロンでも行っているお店がありますが、医師免許を持たない場合は危険行為となり、お勧めできません。必ず医師免許を持っている医療機関で行うようにしましょう。

カウンセリング医療機関でアートメイクを行う場合、先ずはカウンセリングを行います。アートメイクは、一度施術すると、薄くなることはありますが、完全に消えてしまう事がありません。施術する前に、医師と看護師に相談し、色やデザインを決め、いつも使用する色やデザインで行うようにしましょう。途中から色やデザインを変更する事が出来ないため、必ず相談しましょう。

施術している時には、痛みを伴う場合があります。しかし、施術は医療機関なので、局部麻酔を使用して行います。局所麻酔をしようしての施術であれば、施術中は痛みを感じる事はないので、安心して施術を受ける事が可能です。しかし、医療機関でも、保険対象外となるため、施術に掛かる費用は少々高額になるので、事前に相談しておきましょう。

メリットとリスク

Permalink

アートメイクは、施術の方法により、刺青とは異なります。施術の方法は、表皮の浅い部分に染料を入れるので、色素が残るという事はありません。色が持続する期間は約半年となり、うすくなったらまた施術する方式となります。

アートメイクアートメイクの施術は医療機関で行う事をお勧めします。また、色を自然にするため、一度で終わりにするのではなく、数回に分散させて色を入れていきます。この方法により、安全に施術を行う事が出来ます。

アートメイクのメリットは、メイク時間の短縮、化粧をしていない時も、している時と変わらないような素顔になります。水に濡れても落ちないので、プールやお風呂に入っても平気です。

アートメイクは、一度施すと、薄くなるだけで消える事はありません。そのため、一度デザインや色を決めると、そのアートメイクのデザインで生活していく事になるので、途中で変更する事が困難です。アートメイクを行う前には、メリットとデメリットを考慮したうえでデザインや色を決めましょう。場合によっては色が薄くなったころには、カラーチェンジが可能な場合もありますが、極力同じ色のアートメイクを行う事を勧めます。

これからアートメイクをして見ようと考えている方は、施術する前に必ず今後の事を考えておきましょう。

美容皮膚科でのアートメイク

Permalink

女性なら美容や健康に気を使い、いつまでも綺麗な姿でいたいと思うのは当然です。特に顔に関しては、いつまでも綺麗な状態を保ちたいと願う女性は多いです。素顔の時も、綺麗でいたいですね。また、毎朝のメイクに時間が掛かる方は、少しでも時間が短縮できると、朝の忙しい時間を有意義に使えるのではないかと考えます。

アートメイクこういった女性なら誰でも考えて、悩む問題をすぐに解決してくれるのが美容皮膚科のアートメイクです。アートメイクを施すと、自宅にてすっぴん状態でくつろいでいた時の急な来客や、朝のメイク時間の短縮につながる事が理由で、人気となっています。しかし、アートメイクを行う時には注意しておかなければならない事がいくつかあるので、それらを確認して、確実に、そして安全にアートメイクを行いましょう。

アートメイクは、メリットが沢山あるので人気となっていますが、気を付け無ければならない事もあり、それらを守らないと綺麗な状態を保つことが出来ません。アートメイクのメリットとデメリットをしっかりと把握し、確実にケアしていきましょう。

アートメイクは刺青と誤解されている人も多いのですが、刺青とは違いますので誤解のないようにしておきましょう。刺青は、色が消える事はありませんが、アートメイクは色が薄くなり、最終的にはわからなくなる程度に薄くなります。そのため、何度か入れ直す事が必要になります。また、アートメイクは施術できる部位が決まっている事も重要です。