メリットとリスク

Permalink

アートメイクは、施術の方法により、刺青とは異なります。施術の方法は、表皮の浅い部分に染料を入れるので、色素が残るという事はありません。色が持続する期間は約半年となり、うすくなったらまた施術する方式となります。

アートメイクアートメイクの施術は医療機関で行う事をお勧めします。また、色を自然にするため、一度で終わりにするのではなく、数回に分散させて色を入れていきます。この方法により、安全に施術を行う事が出来ます。

アートメイクのメリットは、メイク時間の短縮、化粧をしていない時も、している時と変わらないような素顔になります。水に濡れても落ちないので、プールやお風呂に入っても平気です。

アートメイクは、一度施すと、薄くなるだけで消える事はありません。そのため、一度デザインや色を決めると、そのアートメイクのデザインで生活していく事になるので、途中で変更する事が困難です。アートメイクを行う前には、メリットとデメリットを考慮したうえでデザインや色を決めましょう。場合によっては色が薄くなったころには、カラーチェンジが可能な場合もありますが、極力同じ色のアートメイクを行う事を勧めます。

これからアートメイクをして見ようと考えている方は、施術する前に必ず今後の事を考えておきましょう。